カフェミュージカルへの取り組みが新聞に掲載!

  • 2010.01.31 Sunday
  • 17:27
 ブライトンベルカフェの出口さん×絵本作家・溝江さんのミュージカルへの取り組みが、大阪日日新聞に掲載されました!
久々に1月23日開催の会に出席させていただきましたが、大、大盛況〜。
紙芝居や朗読ありと全員参加型の会に進化していました。今度は本格的なミュージカルに挑戦されるとのこと!!このお二方のご縁は、昨年の出版ネッツ関西主催のフェスタがきっかけでした。どんどんとつながり、広がってますね。う〜ん、スバラシイ

大阪日日新聞掲載記事


 =========2010年1月31日付記事です==========

みんなで作ろう カフェミュージカル メンバー募集!!

絵本・児童文学作家の溝江玲子さん(72)が主宰する劇団・縁日座が、8月に中央区南本町3丁目のカフェ&ダイニング「ブライトンベル御堂筋店」でミュージカルを上演しようと出演メンバーを募集している。「老いても育とう」とさまざまなことに取り組んでいる溝江さんは「みんなで作り上げる喜びを分かち合いたい」と参加を呼び掛けている。

 


ブライトンベルのオーナー、出口豊子さん(65)との縁で、溝江さんは昨年7月から同店で朗読会を行っている。心斎橋大学(総長・藤本義一氏)で教える生徒らが童話を朗読するなど、創作活動を行っている人たちの発表の場としている。回を重ねるうちに、「発表者だけでなく聴衆にも創作意欲が生まれてきた」ことがミュージカルの制作へと結びついた。「みんなで作り上げる過程も楽しもう」


物語は、山から町に迷い下りてきた鬼童子(おにわらし)が梅の精の澄んだ笛の音に誘われて、不思議の国へと導かれていくというファンタジー。「以前書いた短編を40分のミュージカルに仕立て、いろんな舞台の大きさや出演人数に対応できる作品にした」。作詞は山路洋平さん、作曲は豊田光雄さん、歌唱指導は森川和男さん、演出は清原正次さんとプロが顔をそろえる。
 出口さんは「生涯現役で人に喜んでもらえることをするのが私の信念。溝江先生もすごく前向きで共感することが多い。ミュージカルの上演によって、出演者たちの隠れた才能が開花され、その才能に目覚める第一歩になれば」と見守る。溝江さんも「成功したら大きな舞台でもやりたい。来年やる新しいミュージカルの構想もすでに練っている」と意欲満々だ。

 練習は2月末から土曜と第2・4火曜に予定。練習後40分のミーティングあり(ケーキと紅茶付き)。練習参加費は6枚つづり券で1万2千円(最低6回は参加必須)。本番は8月後半の3日で、上演後に観客との食事交流会を実施。自分が出演する日のチケットを1枚購入する。観劇・交流会の飲み物と食事代込みで3500円。

 オーディションは2月6日午後2〜4時、ブライトンベル本町通り店(中央区本町3丁目)で実施。好きな詩・小説の朗読、または歌をアカペラで歌う(1分以内)。筆記用具持参、参加費用500円。問い合わせは電話06(6251)8228、出口さんへ。

コメント
溝江さん、コメントありがとうございます!

みなさんイキイキされてて、私もパワーをいただきました。

今後、益々のご活躍を期待しています!!!
  • mayumi
  • 2010/02/07 11:15 PM
この間は久しぶりにお会いすることが出来、嬉しかったです!!
お話をする時間がありませんでしたね。。。
ブライトンベルカフェのお喋り会、大盛況でしたでしょう〜〜♪
ミュージカルもとり組んでいますので、
応援して下さいね〜〜〜☆☆
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
   ☆ ミュージカルのオーディションで笑顔がいっぱい(^_-)-☆[E:hap
  • 童話&絵本
  • 2010/02/07 11:24 PM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Home

Mayumi Nakasoko

お問合せ

お問い合せ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM