December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新刊本「世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル」

今週はうれし〜いバッタリが続いております。

昨日はなんと、西大寺の駅構内で
売れっ子作家&数学講師の鍵本聡先生とバッタリ(^^)v
同じエスカレーターに乗るところでした。

これから東京の大手出版社で打ち合わせということだそうです。
で。ラッキーにも、できたてホヤホヤの新刊をGETしました。
 
でっす。
ありがたく、読ませていただきますラブラブ

鍵本聡さん

さらにアツい。雑誌Penの『アフリカ特集』

雑誌「Pen」8月15日号は、『いまこそ知りたい、アフリカ』特集。
某組合の大先輩である大迫さんが、アフリカの歴史&宗教の
ページを執筆担当されたとのことで入手しました。

Penはおしゃれ系カフェで目にすることから、デザイン&建築、
ものづくりがメインの雑誌だったかなー?、という印象でしたが
ビジュアルの美しさだけでなく、読み応えもバッチリ


人類誕生の地といわれる雄大な大陸から、マサイ族の村や
現代アートまでさまざまなアフリカの魅力が掲載されています。
 

▲ビビットな色遣いの建物&ファッションが印象的

 
▲こちら、大迫先生担当の宗教ページ。
現地リズムの賛美歌を合唱って・・・どんな感じ? 
世界放浪2年のご経験がこんなところにも生きているようです。  


                   

ちなみに大迫秀樹さんは、3時間でわかるアフリカ本から、
3時間でおさらしたい日本史の本まで出版されているオールラウンドなお方です。

 

食満(けま)の豆腐屋さんのハッピーニュース!

食満のとうふ

4年前に自伝出版のお手伝いをさせていただいた、
尼崎・食満のおおもと豆腐店がMBS「せやねん!」で紹介されました。
NHKの「ぐるっと関西」に続くニュースです。

今回は、夏公開の映画「忍たま乱太郎」のプロモーションを兼ね、
原作者・尼子騒兵衛先生ゆかりの地を歩くという企画で
主人公の加藤清史郎くんらがご来店!!
TVクルー総勢10名という取材だったそうです。

「清史朗くんと握手してもろたけど、放映されるかな〜〜」
という店主の心配とはうらはらに、ばっちりオンエアー
いつもの笑顔全開で、ご近所の反響も上々のようです。
作り手の顔が見えるお店ってやっぱりいいですね〜。
手作り冷奴も口当たりがよく絶品です。

食満のとうふ

店主の夢は、豆腐屋一代記のドラマ化

好きな番組は、橋田壽賀子のドラマだそうです

食満のとうふ

【取材する側からされる側に】 お仕事仲間が出版デビュー!

想いびと2012 あなたにもきっとある人生を創るチカラ

お仕事仲間の中村典子さんが、本の主人公としてデビューされました。
新刊「想いびと2012 あなたにもきっとある人生を創るチカラ」

なんとライターに応募されたことがきっかけで、
取材を受けることになられました

第3作目となる今回のテーマは【継続する情熱を】
人生や仕事の岐路において行動する情熱をもち続けた
女性の7つのストーリーが描かれています。

書籍と連動したフォーラムにも登壇されます
「NEOWOMAN Action Forum 2012」
10/14(日)13:00〜15:30 @神戸朝日ホール
わたくしめも参加予定です

写真上)
両手にオレンジの中村さん。
左手は私へのバースデープレゼント(との)ペンケース
右手は、できたてホヤホヤの新書「想いびと」です!!


▼Amazonでも絶賛発売中▼

NPO大楽小楽主催「古事記をおもしろく学ぶ」に参加しました!

昨日、私が所属しているNPO大楽小楽の勉強会に参加しました。
テーマは古事記編纂1300年記念「古事記をおもしろく学ぶ」
講師はサン・グリーン出版の小林晴明さんと宮崎みどりさんです。



著作の「古事記のものがたり」は、各地の神社で販売されており、改訂版第14刷。著者による直接販売のみで14万2千部突破というロングセラーです。

アダムとイヴは知っていてもイザナギ・イザナミの名前を知らない若い世代の人々に、一人でも多くこの本を読んでもらいたいとのこと。
「神話を忘れた民族は滅びる。神々のみずみずしさ、豊かさを子どもたちに伝えていきたい」というお言葉が印象的でした。

受講3回目ですが、私自身知らないことだらけだなぁと思います。

本日発売!講談社コミックプラス「女子高生チヨ(64)」



知り合いの千代江さんが漫画の主人公に♡
本日、講談社コミックプラスより
女子校生チヨ(64)が発売されます!

初めてお会いした時は、雑誌での連載中でしたが、
このたび1冊のコミック本としてカタチになります拍手

うれしい。本屋さんに走らなければ〜。
 
ひうら さとる
講談社
発売日:2009-06-12
来る7月4日には、親子サイン会がなんばCITYの旭屋書店で開催の運びデス。

星ライブドアーNEWS
前代未聞の親子サイン会。ひうらさとるがマンガ家25周年


----------------------------------------------------
女子高生チヨ(64)
老人・ビー・アンビシャス!?漫画家・ひうらさとるの実母・チヨ64歳が高校に入学!?おばあちゃん女子高生がエンジョイする学園ライフをセキララに描いた笑って泣けるコミックエッセイ!!巻末特別ページではリアル・チヨが大いに語ります!!

 

====▽=以下、千代江さんのお手紙より抜粋します=▽=====

お待たせしました!!
〜〜〜だれも待ってない!
このたび上記のような表紙で「女子高生チヨ(64)」のコミックが、6月12日(金)に発売されます。
本屋さんで見かけたら手にとってご覧下さい。ピンク色のアルファベットも文章になっているようです。
この年になって自分が主人公のマンガが出来るとは思っても見なかった事です。
64歳で卒業してもう4年になりますが、還暦を期に高校に入学した事で私の人生は
随分オモシロイ事になりました。これからもどんな事になるか解かりませんが、
今後ともよろしくお付き合いのほどをお願い致します。
なお、娘の「ひうらさとる」も皆様のおかげで、デビュー25周年になり色々な催しをし、
そのうちの一つに「親子サイン会」を7月4日になんばシティB2の旭屋書店で行います。
そしておなじみの「ホタルノヒカリ・14」とwithの「ガール25」が同時に発売されます。
これも又皆様のお目に止まれば幸いです。


     おてんきひうらさとる親子サイン会おてんき

日時:7月4日(土)14:00〜
場所:旭屋書店なんばCITY店
住所:大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY B2F
お問い合わせ先: 06-6644-2551
ご予約開始日:2009年6月12日(金)より

旭屋書店なんばCITY店にて
『ホタルノヒカリ』14巻、『女子高生チヨ(64)』、
もしくは『Girl25』をお買い上げいただいたお客様先着100名様に整理券を配布します。

----------------------------------------------------
 
Girl25
 
ホタルノヒカリ 14―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (講談社コミックスキス)
ホタルノヒカリ 14―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (講談社コミックスキス)
ひうら さとる
 

夢をかなえるゾウ

「夢をかなえるゾウ」のことは、新年のご挨拶にと伺った知り合いの事務所で教えてもらいました。
「絶対、気に入るで。早く読んでみ〜」と言われ、興味津々。2008年の初めに手にした一冊です。

今日久々にページを捲りましたが、一気に引き込まれるように読み返しました。

笑いと教えのバランスが絶妙!

何度読み返しても面白く、やっぱりここ最近で一番のお薦め本です。

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ
水野敬也


40万部を突破したロングセラーでご存知の方も多いと思います。
内容は、ゾウの姿をしたインドの神様ガネーシャと、
夢をなくしたサラリーマンとの会話形式で進む自己啓発系の小説です。

広告には「笑えて 泣けて タメになる
全く新しいエンターテイメント小説」
とありました。

エンターテイメント小説?
この辺りは読んでみないと分からないかも知れませんね。
普段あまり本を読まない人でも充分に楽しめるよん、ということを
伝えるためなのでしょうか。

<ガネーシャ名言集>

1.靴をみがく。
2.コンビニでお釣りを募金する。
3.食事を腹八分におさえる。
4.人がほしがっているものを先取りする。
5.会った人を笑わせる。
6.トイレ掃除をする。
7.まっすぐ帰宅する。
8.その日頑張れた自分をホメる。
9.一日何かをやめてみる。
10.決めたことを続けるための環境を作る。
11.毎朝、全身鏡を見て身なりを整える。
12.自分が一番得意なことを人に聞く。
13.自分の苦手なことを人に聞く。
14.夢を楽しく想像する。
15.運が良いと口に出して言う。
16.ただでもらう。
17.明日の準備をする。
18.身近にいる一番大事な人を喜ばせる。
19.誰か一人のいいところを見つけてホメる。
20.人の長所を盗む。
21.求人情報誌を見る。
22.お参りに行く。
23.人気店に入り、人気の理由を観察する。
24.プレゼントをして驚かせる。
25.最後の課題を必ず実行に移すこと


私は3番の「腹八分におさえる」から見直さないと〜と思いました。
年初にも誓ったハズなのに。。冷や汗
まずは、自分自身をコントロールすることを楽しむ!
私にとっては最重要課題デス。

最後の課題1.やらずに後悔していることを今日から始める
最後の課題2.サービスとして夢を語る。
最後の課題3.人の成功をサポートする。
最後の課題4.応募する。
最後の課題5.毎日、感謝する。


「人の成功をサポートする」
これは、オレンジ・プランニング立ち上げ当初からの目標です。
ガネーシャも僕に言っている!この章は特に私のお気に入りグッド

<一部抜粋>
人を幸わせにする。どれだけの人を幸せにできるか、そのことにどれだけ喜びを見出せるか。そのことが、たった一つの成功の秘訣なのだ。

「ええか?自分が本当に成功したかったら、その一番の近道は、人の成功を助けること、つまり・・・愛やん?」


ちなみに、「ガネーシャ」とは人間の身体と象の頭をもった4本腕のインドの大衆神だそうです。

こんな関西弁の神様が身近にいたら、最高ですねラブ

人生の夏を生きる女性たち「朱夏」発売中!



年齢を重ねることで生活者として、職業人として
輝く女性88人からのメッセージ!


自分らしく生きる 自分らしく働くをテーマに
人生の夏を生きる女性たち
    「朱夏」発売中です。


恩師である私のボスも、
主人公の一人として描かれています拍手

成功している人はPR上手
ときには打ち上げ花火を
PRプランナー鈴木美和子 

朱夏のP.162〜をぜひお手にとってご覧くださいませ。
ボスとご一緒できてよかった!と改めて思う内容です。

これからも素敵に年を重ね、人生の夏を謳歌してください。
この場をお借りして、
お誕生日&出版おめでとうございますラブ


======以下 紹介文 抜粋========

「朱夏」は、青春の次の季節。
中国の陰陽五行思想では、「青春・朱夏・白秋・玄冬」といい、朱色を夏に配しています。
「若い」ということに過剰なほどの価値が置かれるせいか、今の時代、「青春」という言葉ばかり取り沙汰されていますが、本当は誰だって、春には春の、夏には夏の、秋には秋の、そして冬には冬の、その時々の花を咲かせるのではないでしょうか。特に女性の場合、多くが結婚・出産・育児を経験し、生活者としても、またキャリアを 積んだ職業人としても面白さが増し、真の意味で「自分らしく生きる」ことが可能になるのは、30代にはいってからではないでしょうか。情報紙シティライフでは、この世代の読者の皆さんに愛情と共感を込めて「人生の夏を生きる女性たち=朱夏世代」と呼びかけています。
この本に登場するのは、まさに今を盛りと咲き誇る夏の花のように、日々輝いて生きる「朱夏な女性たち」

■第1章 時代の一歩先を行く、とびきり華やぎのある女性    たち
■第2章 社会における役割を自覚し、志高く生きる女性た    ち
■第3章 若々しい感性で、ユニークな仕事を生み出し、
    元気いっぱいに過ごす女性たち
■第4章 豊かな才能とキャリア、人生経験を生かし、
    朱夏世代のお手本となるような女性たち

をご紹介しています。起業家、ショップオーナー、スペシャリスト、クリエイター、アーテ ィスト…、経歴や職種はさまざまですが、単なる成功譚でも美談でもなく、自分らしく生きよう、働こうとする心の軌跡を丹念に追いました。88人、ひとりひとりが紡ぎ出す物語に、読者のみなさまが深く共感し、新たな希望の火を胸に灯してくださることを願ってやみません。



◆構成:一人2ページで紹介。その方の「語録」を
    メインタイトルとしています。
◆定価:1,050円(税込)
◆発行日:平成20年3月17日(月)
◆取扱店:梅田・紀伊国屋書店をはじめ、
     大阪府内、並びに阪神間の主な書店

朱夏 人生の夏を生きる女性たち
朱夏 人生の夏を生きる女性たち
シティライフ


還暦で高校生に!チヨさんとの再会

今日は近くに事務所を構える先生が、NPOシニア大楽関西の立ち上げで
サロンをオープンするとのこと。お祝いにおじゃましました。
ここでお会いしたのが、藤井千代江さんです。



還暦で高校生となった別名@チヨさん拍手

手にする雑誌は、自らがモデルとなった講談社「Beth」
連載中の漫画「女子高生チヨ(64)」に描かれる実在母さんです。
千代江さんとはお会いして2回目。
前回お話した時に何気な〜く質問したことを覚えてくださっており
調べて。。雑誌と共に、手書きの解答までいただきましたびっくり
千代江さんの姿勢に頭が下がります。

「女子高生チヨ(64)」の著者は娘さんである漫画家のひうらさとるさん
千代江さんからも聞いていたエピソードが、リアルに描かれています見る



キャラクターも千代江さんそのものやん。と、感心しきり。
母親世代が15歳の学生と共に学ぶ姿にエールを贈りたくなりました。

読みだしたら、おもしろく、かわいく、止まりません見る

次号から、新刊のKISSプラスに連載とのことですよ〜。
1
pagetop